このページは、@wiki で 2008年07月29日 02:36:48 GMT に保存された http://mainichi.jp/life/edu/news/20080726ddm002100002000c.html キャッシュです。
ユーザがarchive機能を用いた際、@wikiが対象サイトのrobots.txt,meta情報を考慮し、ページを保存したものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 こちらから 最新のページを参照してください。
このキャッシュ ページにはすでに参照不可能な画像が使用されている可能性があります。
@wikiのarchve機能についてはこちらを参照ください

@wikiはこのページまたはページ内のコンテンツとは関連ありません。

このページをキャッシュしたwikiに戻る

新教育の森:子どもとゲーム/5止 広がる「脱バーチャル」 - 毎日jp(毎日新聞)
 

教育

文字サイズ変更
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに登録
Buzzurlブックマークに登録
livedoor Clipに登録
この記事を印刷
印刷

新教育の森:子どもとゲーム/5止 広がる「脱バーチャル」

 タイマーが鳴ればゲームはおしまい。さいたま市立柏崎小4年の秋森大和君(10)の家では、ゲーム時間を1日30分と決めている。でも毎月23日はタイマーを使わない。さいたま市が07年から始めた「ノーテレビ・ノーゲームデー」だからだ。

 5月23日。大和君は帰宅後、母愛子さん(39)とバドミントンをした。さらに、宿題をする姉の香澄さん(11)の隣で、母とオセロゲーム。「角とれるじゃん」。「いいところあるよ」。夕食後は父常男さん(40)も一緒に、トランプやダーツで遊び、午後9時に就寝した。

 大和君は普段からそれほどゲームをしない。しかし、毎月23日は会話が増えたと、常男さんは実感している。

   □   □

 ゲーム業界も変わりつつある。「お母さんに嫌われないゲーム機を作ろう」。600万台以上が売れた任天堂の「Wii」は、こんな発想から生まれた。

 テニスゲームなら、棒状のコントローラーをラケットに見立てて振るだけ。子どもからお年寄りまで一緒に楽しめる。狙いは当たった。ゲーム情報誌を発行するエンターブレインと、市場調査会社ヤフー・バリュー・インサイトによる調査では、「誰と遊ぶか」は「家族」が78・2%と「1人」の65・5%を抑えた。

 ソフトも多様化し、新興会社も登場する。98年設立の「レベルファイブ」(福岡市)は、謎を解きながら進む冒険ゲーム「レイトン教授」シリーズが170万本のヒットとなった。日野晃博社長(40)は「昔は『あんな業界』といわれたが、華やかで楽しいイメージを作りたい」と力を込める。社員約170人の会社で、09年度の新卒向け会社説明会には2000人の応募があった。日野社長が目指すのは「温かい世界名作劇場のようなソフト」だ。

 拡大を続けるゲーム市場。「子どもはゲームに固執せず、実際にできる遊びをしてほしい」と話すゲームプロデューサーもいる。数々のヒット作を生み出した「ゲームリパブリック」社長の岡本吉起さん(47)。「バーチャルで遊ぶチャンスは与えたい。でも長くはやってもらいたくない」

   □   □

 さいたま市のようなノーテレビ・ノーゲームデーの取り組みは、愛知県知立市、広島市、福岡県行橋市など各地に広がりつつある。

 NPO法人「子どもとメディア」の山田真理子代表理事は「ゲームもテレビと同じで、なければ人と話す。ノーゲームで、子どもが話していることに気づいた人もいる」と指摘する。

 多くの子どもがゲームで遊ぶようになった中、友達の話題についていけなくなることを案じた親がゲーム機を買うというケースも多い。日本小児科医会「子どもとメディア」対策委員長の武居正郎さんは指摘する。

 「その家だけゲームがないと、子どもが浮いてしまう。学校や地域全体で取り組まないと変わらない」=おわり

   ×   ×

 この連載は山本紀子、三木陽介、椋田佳代が担当しました。

==============

 ご意見、ご感想をお寄せください。

 ファクス(03・3212・0005)

 Eメール kyouiku@mbx.mainichi.co.jp

 〒100-8051 毎日新聞教育取材班

毎日新聞 2008年7月26日 東京朝刊

教育 アーカイブ一覧

 

おすすめ情報