このページは、@wiki で 2008年07月03日 23:43:10 GMT に保存された http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1705.html キャッシュです。
ユーザがarchive機能を用いた際、@wikiが対象サイトのrobots.txt,meta情報を考慮し、ページを保存したものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 こちらから 最新のページを参照してください。
このキャッシュ ページにはすでに参照不可能な画像が使用されている可能性があります。
@wikiのarchve機能についてはこちらを参照ください

@wikiはこのページまたはページ内のコンテンツとは関連ありません。

このページをキャッシュしたwikiに戻る

毎日「創意捏造」一考 博士の独り言

2008/06/26(木) 09:12:18 [メディア/意見書]

問われるべき「毎日新聞」の創意捏造

20080626001
「ブタを獣姦して調理」「「女子高生がセックス狂」と報じた毎日新聞
 「ブタを獣姦して調理した」だの、「女子高生がセックス狂になった」だの、どこの話かと思えば、みなわが国のことだって!しかも報じたのは毎日新聞・・・週刊新潮 7月3日号(6月26日発売)記事(P44-45)より参照のため抜粋引用/写真も同記事から参照のため引用

----------

週刊誌記事から創意捏造を凝らす

 度々の小稿で恐縮だが、先稿に触れた『Wai Wai』(毎日新聞)について、そのおぞましい内容を概括する誌面記事(新潮誌)があるので紹介する。当該の『Wai Wai』は、膨大な“情報”を英文で発信していたことが判る。その汚らしい内容の数々については克明に記さないが、誌面では“出典”が記されている。たとえば、2007年7月5日付の「日本の未婚女性は..」との記事は「SPA!」。2002年1月6日付の「受験生も息子の..」との記事は「アサヒ芸能」。

 同年6月19日付の「女子高生の性..」との記事は「週刊現代」。2006年6月15日付の「俺なんか首相になってからは..」との記事も「週刊現代」。同年11月15日付の「多くの日本女性が..」との記事は「週刊ポスト」。また、2007年7月12日付の「日本人はルービックキューブ..」との記事は「FLASH」の“体位特集”等々。その他の問題記事の出典も誌面に記されている。綿密に調べれば、およそこれらでさえも「氷山の一角」であろうことは容易に推察できる。

 この問題は、普段はそこそこ真面目に報じているメディアから、不幸にも、たまたま、発狂した担当、編集者によって「おかしな」記事が発信された、という性質にはない。その『変質性』が常態化していた点にある。しかも、新聞ともあろうメディアが、である。問われるべき社会問題はここに存在している。雑誌記事をもとに創意捏造を凝らしつつ、とても常人では思い及ばないマニアックな変態記事を書く。毎日新聞とは変質者の集まりなのか。
----------

確信犯の毎日新聞

 同誌面には、「毎日新聞社の元常務取締役、河内孝氏」のコメントが紹介されている。云く、「『Daily News』は『英文毎日』編集部の担当で、新聞早版からニュースを選んで英文に直して載せ、オーストラリア人のライアン・コネル氏が編集長です。週刊誌の面白い記事を紹介する『Wai Wai』は人気ですよ」と。元常務取締役として、『英文毎日』の中の『Daily News』をご存知である。編集長の名前もご存知である。また、「週刊誌の面白い記事を紹介する『Wai Wai』も人気ですよ」と。概(おおむ)ね読者の反応についてもご存知のようだ。

 だが、「でも、シモネタばかりでいいのでしょうか?」との問いに対して、『えっ、シモネタ?獣姦?イクイク病?そんな記事が載ってるの!?もっと事件の真相とか有意義な記事があるでしょう。新聞社のやることじゃない。新聞倫理綱領に反します!」と言い直しておられる。「えっ」と驚かれるほど、本当にご存知なかったとすれば、管理不届き。ある程度ご存知であり、しかし、「週刊誌の面白い記事を紹介する『Wai Wai』は人気ですよ」と言われるのであれば、確信犯の仲間と謂わざるを得ない。

 日本人への明らかな毀損と謂わざるを得ない大量の“情報”が、すでに、この商業メディアから世界に向けて発信されているのである。「おわび」「閉鎖」で逃げて済まされるものでは決してない。少なくとも「訂正情報」の配信が不可欠だ。そもそも、ライアン・コネル氏とは何者か。そして、かくなる編集長のもとで、「週刊誌の面白い記事を紹介する『Wai Wai』」を発信していた『Daily News』の担当者らは何者なのか。ここで明らかにする必要があるだろう。

 そもそも、日本語で書かれた記事から捏造三昧を凝らして「英文記事」化していたのは他でもなく、この商業メディア「毎日新聞」の人物らである。ツテにツテをたどり、調査、聞き取りに臨みたい。短稿にて。
----------

■ 主な関連記事:

毎日「英語サイト」一考
毎日新聞「おわび」一考
----------

【筆者記】

 一部の“出典”は明らかにされつつあるようだが、しかし、当該の英文による変態記事の多くは“出典”とはかけ離れた内容となっているようだ。さらに、毎日新聞は、あらぬ語句を世界に広めようとしていたようだ。たとえば、昨夜(6月25日)は、「「低俗過ぎる」と批判を受けて削除された毎日新聞英語ニュースの記事について、引用元のサイゾーが元記事を全文公開し、「記事にあったような表現はしていない」と釈明。サイトに「hentai」などのメタタグが設定されていたことも分かった」(ITmedia News 6月25日付)とあった。

 『ITmedia News』の同記事は、「MDNのトップページのメタタグに「hentai」「japanese girls」「geisha」などが設定されていたことも判明。「hentai」は性的表現のある日本の漫画やアニメ全般を指す言葉として海外で使われている(Wikipediaの説明)。現在は削除されているが、「hentaiなどの検索キーワードで記事が上位に引っかかるようにする思惑があったのでは」と2ちゃんねるで議論になっている」と指摘している。毎日新聞、自らが「hentai」を名乗るのならば、まだ分るが。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメントに感謝します。一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。ささやかな国思う活動ですが、発展のために、どうか末永き応援を宜しくお願いします。  

 日本は毅然とあれ!
 
携帯からも応援を!  

---------- ----------
【↓毎日新聞は社会に不要と思われる方はクリックを!】

 
   
  

Comment


>『Wai Wai』」を発信していた『Daily News』の担当者らは何者なのか

言うまでもなく、日本式偽名を名乗る在日支那・鮮人か、奴らに洗脳された反日売国豚左翼の仕業でしょう。
国思う人間は、こんなことしないし、できません。
毎日ヘンタイ新聞は、解散せよ!
毎日新聞は、英語という一般の日本人に気付かれにくいところで、日本を貶める記事を載せ続けてきた。毎日新聞社の悪質な体質の原因に、日本への悪意が根底にあるとしか思えない。今回の悪質記事の連載は、会社ぐるみの確信犯ではなかったのか。

新聞社の抱える問題に、新聞販売店への「押し紙」がある。一説によれば、新聞社から販売店へ卸される部数の3割は押し紙だという。要するに、家庭や事業所などに配達されない新聞を、販売店に押し売りしているわけだ。

こうして新聞社は、不当な売上を得るとともに、発行部数を水増しし、新聞の広告掲載料を高く設定しているのだ。これは、公正な取引とは言えない。公正取引委員会はこのような実態にメスを入れる必要があるだろう。

普通の人なら韓国の事かと思いますよ。
まさか、わが国の事とは。。。
開いた口がふさがりませんでした。
まったくもってマスゴミですね。

何年か前に、欧米で日本人のイメージについてインタビューしたTV番組を観ました。
返ってくるのは大半がオタクやヘンタイ。
何でヘンタイ・・、と不愉快に感じたことを覚えています。
(日本女性についても、歯が出ていて目が細く眼鏡をしていて下品とのこと!)
これも毎日でしょうか。
悪意のある記事で世界に日本人は変態だと広めたのですから、謝罪ですまされる問題では
ありません。記者会見をして説明と謝罪を!



移民反対の署名にご協力を!
エントリーから外れますが、ご容赦ください。

移民反対の署名活動が、始まりました。

「1000万人移民案の阻止と代案の発案」にて、ご署名を受け付けております。皆様のご協力お願いします。

http://www.shomei.tv/project-59.html

皆様のお知り合い・HP・ブログ・掲示板・団体など、できるだけ多くの人に移民反対の署名活動に、ご協力を呼びかけて頂きますよう、お願いします

新小児科医のつぶやきさんの
2008-06-26 タブロイド紙人事ニュースは参考になりますよ。
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/200806

なんで存続してんの
オイラ、シガナイ、クルマ屋稼業。
CS(御客様満足度)係っての、やったこと、あるよん。
そこで一言・・・・。
件の不良品タレ流し会社(毎日新聞のことだよ)、が、存続してるのは・・・・なんで?
フツー、もう、”終わってる”会社じゃないの?
こんな会社の不安全な商品(新聞・雑誌・番組・・・・)、 なんで買うの?
誰が買うの?
これまた、”ワカラン”なぁ。

こんにちは
私は外資系会社の日本支社に勤めるものですが、以前からこの変態じみたニュース記事が本社で嘲笑されていたのを知っています。
本社にはこんな低俗な嘘記事は真実ではないと否定しても、彼らにとっては真偽などどうでもよく、日本と日本人をからかう格好のネタとなり何度も不快な思いをしました。
2年程前でしょうか、毎日新聞に対して抗議メールを出したところ、当欄は一般記事と別枠の欄なので内容等に一切関知しませんとの回答があり全く取り合って貰えませんでした。
最近漸くこの下衆で無粋な隠れた反日活動が脚光を浴び終焉に向かった事は喜ばしく思います。
朝日やジャパンタイムスも含めて、英語で発信すれば悪事も気付かれまいとでも考えている勘違い甚だしい小心のエセインテリの姿が見え隠れします。
はじめまして
ねずみ年 猫も遠慮の日向ぼっこ
毎日は朝鮮人の支配下にあるのか?
朝鮮人=変質者なのかどうか知りませんが、毎日新聞には朝鮮系が多いという印象が強い。
例えば、1000万人移民の提唱元である外国人政策研究所(坂中英徳所長)の研究員、石原進は元毎日新聞論説副委員長。民団新聞に少なくとも2回「在日へのメッセージ」を寄稿していることから、朝鮮系の人物と見ていいでしょう。
http://www.mindan.org/shinbun/000101/topic/message.htm
http://www.mindan.org/shinbun/010321/topic/message.htm
かなり上層部にまで朝鮮系が進出していることがわかります。

ほんとうのこと
お母さんといつも見てます。僕が学校で習ったのは「第二次世界大戦は戦争に勝って調子ずいた日本がうぬぼれて始めた侵略戦争」ということでした。しかし私立中学に通う姉は違うことを習ってきました。ハルノートのことも姉に始めて聞きました。父と母の意見も分かれたので調べるようになりました。日韓基本条約を先生に質問したら答えてもらえなかった。先生も知らないのかな?と思ったけど、それは「日教組」の影響だろうと母に聞きました。
僕は日本にもっと強い国であって欲しいです。やばい時は日本人の振りをする奴らに非難されたくないです。総理大臣にもお願いしたいです。靖国神社はずっとおまいりして欲しいです。
それとぺヨンジュンはお金稼ぎに日本に来るなら韓国に帰って日本を良く言って欲しいです。お金だけ集めに来るなんてこじきみたいです。
講談社インターナショナル
http://www.kodansha-intl.com/books/html/jp/9784770028921.html
03−3944−6493
毎日新聞の変態記事を出版物として、現在進行形で鋭意発売中である講談社インターナショナルに、その意図を問い合わせてみました。
『本の前書き(もちろん英語)に日本の社会の一端だと書いてある、読んだらわかる』
『毎日が謝罪したのは、ニュースと混同して出したことにであって記事そのものではないと認識している』
『我々は(商社であって)外務省の日本国の公式ガイドラインであるような内容の本を出しているわけではない』
『記事が同じであっても我々の本そのものと、デイリーニュースとでは主張するものが必ずしも同じと限らない』
『記事が同じであろうと、出し方によって主張が違ってくるのは当然のことである』
『従って我々は問題がないと考えている』

・・・私はこの方たちの言わんとすることがどうしても理解できません。
要するに、何をしてもよいと言うことですか?
講談社本社によると、この本の担当者はグレッグ氏という方だとご紹介いただきましたが、実際問い合わせると3人が出ていらして、ワカヤマ氏という方が上のようなことをおっしゃっていました。

ところが、毎日新聞では『謝罪文には裏の意図は無く、全面的に社のミスです、申し訳ありません』と言うことでした。

講談社インターナショナルは、『毎日と同じ記事と同じ内容』を扱いながら、『編集によって』『意図すること』は『作為的に変えられる』と。
これは詭弁でないのですか。
船場吉兆もつぶれたし
毎日新聞が、侮日記事を常習的に海外に流していたとわかった事で、日本での新聞社としての立場は失われたと思います。
日本の読者を蔑ろにするだけでなく、貶めてるんですからね。
常識的に新聞購読を選ぶときに、この事実を知った読者が毎日新聞を買いますか。
買うとすれば、その事実を知らないか、よほど「hentai」にマニアックな人でしょう。
いつごろ経営が行き詰まるか、楽しみにしたい

毎日デイリーニューズを確認してみました。
お詫びはして有りますが、

>批判を受けた記事は、日本国内で発行された雑誌の一部を引用したものとはいえ

等といまだに責任逃れ、「引用しただけ」
これでは表現は悪かったが、内容には間違いが無いという事になりませんか?

>監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分します。

人数も処分の内容もさっぱり解らない。

毎日には、毎日のように抗議メ−ルしなくっちゃ。


博士、どうか日本の世論を強く喚起して下さい

http://www.geocities.com/deepbluepigment/sco.html
中国が鉄道民営化へ 円借款6400億円

  ODA原則に違反

 中国政府が2年以内に国有鉄道の株式を公開し、海外市場などで上場を目指す方針を固め、日本政府もこうした方針を把握していたことが19日、分かった。中国の鉄道建設で日本は政府開発援助( ODA )として2000年までの20年間で計6400億円の公的資金を拠出しており、民営化されればODAの「 個別企業には供与しない 」という原則に違反するが、日本政府は事業内容の変更について、正式な連絡を受けていない。中国では今後も国営企業の民営化が続くことが予想され、ODA拠出金の使途について改めて論議を呼びそうだ。

 また、外務省の有償資金協力課は「 中国側から正式な連絡はない。情報収集をしている 」としているが、同省幹部は「 民営化となれば、中国政府にきちんとした説明を求めたい 」と話している。

 しかし、国際協力銀行によると中国国有鉄道の建設資金は、日本政府が1980年から2000年までで、対中円借款総額の2割に当たる6400億円を拠出。電化された路線の約4割にあたる5200キロが日本の公的資金で作られ、大秦線建設にも約184億円が投入されている。中国の鉄道建設に充てられた円借款の金利は2〜3%、返済も30年などと商業性資金と比べて贈与性が極めて高い。「 上場しても資金の回収を求めることはない 」( 外務省幹部 )としている。

 5年前に香港の株式市場に上場した北京国際空港も、日本が建設総費用の4分の1に当たる300億円の円借款を供与したが、やはり上場について事前連絡はなかった。日本の抗議を受けて、中国財務省は陳謝したうえで、再発防止を約束していた。
 今回の鉄道会社の上場計画について、ODA関係者は「 鉄道は軍事転用しないなどと中国政府と約束を交わしていた。だが、民営化で所有者が変われば、日本は意見をいえなくなる可能性がある 」と指摘している。
( 産経新聞 ) - 11月20日2時56分更新
毎日(侮日)新聞の謝罪
毎日新聞が対応しました。これは評価したいし、これも皆の力を結集して抗議した結果だと思います。
以下毎日新聞が発表した謝罪文・今後の対応の後半一部の重要と考える部分を転載します:
ーーーーーーーー
【対応】5月下旬に批判を受けた記事は、日本国内で発行された雑誌の一部を引用したものとはいえ、Mainichi Daily Newsサイトに掲載したことは問題があったと考え、その時点で削除し、それ以外に問題がありそうな過去記事もアクセスできないようにしました。また、外 部検索サイトにも非表示にするよう要請しました。
 その後、「WaiWai」については編集方針を改め、掲載記事の選択基準も大きく変更しました。しかし、過去の記事の紹介の仕方に不適切なものが あったこと、今後同様の批判を受けることがないよう確かな編集体制をつくろうと考え、根本的な見直しを行い、6月21日、当該コーナーを廃止することを決定しました。Mainichi Daily Newsサイト上に「不適切な内容の記事とのご指摘がありました。ご批判をうけ、コーナーを廃止することにしました」とのおわびを掲載しました。
 今回、改めて日本語と英語による経過説明とおわびを掲載するとともに、監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分します。
 Mainichi Daily Newsならびに発行元の毎日新聞社は、今回の読者の皆さまのご意見を真摯に受け止め、今後信頼される情報の編集、掲載に努めてまいります。【毎日新聞社デジタルメディア局】
ーーーーーーーーーー
要は一度は(簡単に)謝ったがそれでは十分満足出来る内容でないことを(各方面・ネットから言われて)理解したので、改めてお詫びをし、且つ関係者の厳重処分をします、との内容です。

関係者を厳重に処分するか今後も見守りましょう。

それと提案があります、それは今後も博士に協力し、皆で反日・侮日メディアとサイトを正常化する運動を根気強く続ける事を。
昇進という名の処分
毎日新聞の「処分」とは、昇進させることを意味するようです。
昇進したら責任が重くなりストレスも増えるでしょうから、「罰ゲーム」なんでしょう。

「カナダde日本語」さんのBLOGより。
(毎日.jpにも載っています。6月25日付け)
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-960.html

朝比奈豊(デジタルメディア担当/常務)⇒ 代表取締役社長に昇進
長谷川篤(デジタルメディア局長)   ⇒ 取締役に昇進
磯野彰彦(デジタルメディア局次長)  ⇒ デジタルメディア局長に昇進



TBSと毎日新聞には在日枠というものが在って優先的に在日を雇用するそうです。TBSと毎日はもう朝鮮人に乗っ取られたと見ていいと思います。やたらと韓国人のタレントや、在日出身のタレントがうっとうしいほど目に付きます。歌手なども創価学会員が多く居ますしね。レベルも低く品も無い。大谷昭宏も在日だそうですね。ああそれでと納得しましたよ。知らないところで日本を貶めている卑劣な手口とセックスがらみは朝鮮人そのものではないですか。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
侮日新聞がデジタルメディア管理職を厳重に処分どころか昇格? という情報があります。 あの卑猥な記事の責任者たちが、昇格という情報です: http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-959.html もしこれが本当だとすると、その趣味の良さと人を見る目の確かさが甚だ首尾一貫しているわけで、むしろ、もう、尊敬しちゃいます...
毎日新聞が「売日」とか「排日」新聞と呼ばれる数多い理由の一つ あまりにも卑猥です。 せとさんのエントリを見て驚きました。 反吐が出るほどひどい新聞であることは分かっていましたが、これほどとは思いませんでした: http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51957119.html = 毎日新聞の読者というのは、こう...
見えてきた、毎日新聞変態報道問題 これが、毎日変態報道でも、懲りない奴らである!! 1、朝比奈氏、出世!? 毎日新聞社:株主総会 役員人事など可決・承認  毎日新聞社は25日、第31回定時株主総会を開き、役員人事など5議案を原案通り可決・承認した。続いて開かれた取締役会、監査役会で、役員...
毎日新聞のゲバラ礼賛論 毎日10月8日朝刊の太田昌国による「現在を読むーゲバラ没後40年」を読んで驚いた。 いわく・・・ゲバラは、人間が人間の敵である資本主義社会の原理とは正反対の、友愛に満ちた水平的な社会の実現を夢見た揺るぎない社会主義者であった。・・・ ゲリラ兵士という、か...
地方再生へ頑張る若者たち  先日NHKのラジオで地方再生へ頑張る一人の若い女将さんについての放送があった。  彼女は島根県大田市の温泉津(ゆのつ)温泉の伝統的な吉田屋で働く山根多恵さんだ。  山根さんは大阪で地域活性化のアドバイスの仕事をしていたが、明治から始まった老舗旅館の温...
ある一定の方向に向いて不祥事を起こすマスコミの病根  毎日新聞6月25日付朝刊及び毎日新聞ホームページのトップに「毎日デイリーニューズ『WaiWai』についてのご説明とおわび」と題した謝罪記事が掲載されている。是非ご覧いただきたい。  記事は、 「毎日新聞社の英文サイト『毎日デイリーニューズ』(Main...
ゲンダイ、「北朝鮮利権」参入(=拉致解決主張こそ百害)を主張する。 「道路利権」は悪の利権、 「北朝鮮利権」はきれいな利権。 ゲンダイとかはこう主張出来る日が待ち遠しかったのだろう。 何やら「米の核は汚い核、共産圏の核はきれいな核」と主張していた時代の主張である。 これで「社会の木鐸」などとよく言える。 フクダ批判では「制...
毎日新聞問題 さらに続報&まとめ こっそり日本文化をバカにした毎日。ぜったい許さないお(`・ω・? なにそれ!◆ 毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信 (漫画家;でこくーる氏のブログ「deco★deco cool」より) (一部引用・文字色と太字改変) あのう、記事削除だけなんです...
百人斬り報道を未だ謝罪せず、訂正もしない毎日新聞ならではの「報道姿勢」 もうあちこちのブログで取り上げられているネタですが、毎日新聞、やってくれますね。 J-CASTニュース↓ 毎日新聞英語版サイト 「変態ニュ...