このページは、@wiki で 2011年10月23日 04:21:41 GMT に保存された http://yy67.60.kg/test/read.cgi/jinkogoplus/1227405497/ キャッシュです。
ユーザがarchive機能を用いた際、@wikiが対象サイトのrobots.txt,meta情報を考慮し、ページを保存したものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 こちらから 最新のページを参照してください。
このキャッシュ ページにはすでに参照不可能な画像が使用されている可能性があります。
@wikiのarchve機能についてはこちらを参照ください

@wikiはこのページまたはページ内のコンテンツとは関連ありません。

このページをキャッシュしたwikiに戻る

世間の人たちのエスペラントや英語に対する考え方 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 トラックバック

世間の人たちのエスペラントや英語に対する考え方

1 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 10:58:17 ID:???
ここは「世間の人たちのエスペラントや英語に対する考え方」について調べてみようという
趣旨のスレです。

とは言っても、結論はいたって単純でして

  世間の人たちは「ほんとうに必要な言語」「身につけると何らかのメリットのある言語」
  しか勉強しようとはしない。

わけなんですね。

これは、ザメンホフが『国際語』(=『第一書』)を出版した1887年から現在にいたるまで、
まったく変わっていません。
そして今後も、おそらく変わらないだろうと私は予想しています。

私はこのように考えてるわけなんですが、どうも私の見るところでは、こういうことを信じな
いような人たちがエスペラントをやって頑張ってるという印象があるんですね。

しかし、こういったことを認めないことには今以上にエスペラント運動を盛り上げることは不
可能だと私は考えますので、この当たり前みたいなことを証明するために、このスレを立て
たというわけです。
________________________________________
∧_∧   2ちゃんねる完全互換掲示板)
( ,,゚Д゚)。oO(http://yy.60.kg/

2 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 11:08:42 ID:???
1990年に日本エスペラント学会(JEI)が日本国内の政党に対して、エスペラントに関する
アンケートを実施したことがありました。
そしてその結果が、JEIの機関誌「La Revuo Orienta」1991年2月号と同年10月号に掲
載されています。

アンケートの内容は、以下のようなものでした。

  1.エスペラントを中等(中学・高校)・高等(大学)教育における外国語科の選択科目
    としてまた大学入試の外国語の外国語の科目として認めることにご賛成ですか。

  2.国連・ユネスコなどの国際機関の公用語として認めることにご賛成ですか。

  3.将来はエスペラントを国際機関の唯一の公用語として、現在の大言語主義による
    不公平または公用語の増加による経費の上昇に歯止めを掛けるべきだと言う考え
    にご賛成ですか。

  4.貴党の海外との通信に英語と並んでエスペラントを使用すると言うお考えはおあり
    になりませんか。研究をなさるお気持ちはありませんか。

3 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 11:09:27 ID:???
>>2 の続き)

で、次にあげるのは、日本共産党の回答です。

  5月15日付で貴学会からアンケートをいただきました。以下は、これにたいする私たち
  の回答です。

  諸国民の正義と友愛を目的に、みなさんがたがおこなわれているエスペラント運動に、
  心から敬意を表します。私たちは、戦前のあのきびしい弾圧のもとで、エスペランチス
  トのなかに、日本帝国主義の侵略戦争に反対し、また戦後はアメリカのベトナム侵略
  戦争に反対するなどして、平和と民主主義のために奮闘された方々がおられることを
  知っています。みなさん方の運動が、平和と民主主義をめざす運動と連帯しつつ、ひ
  きつづき世界中からの核兵器の廃絶や、すべての国民の民族自決権の擁護のために、
  大いに努力されることを望みます。エスペラント運動が目標としている国際共通語の問
  題についていえば、だれも将来的にその必要性を否定することはできないだろうと思い
  ます。ただ、率直にいってむずかしいのではないかと思えるのは、たとえば、エスペラン
  トを唯一の公用語化するとしても、この言語を知らない人々が実際、圧倒的多数である
  という現実から離れては、この問題について判断するわけにはいかないというようなこ
  とです。そういう点も含め、さまざまな議論や研究が必要ではないかと考えております。

  私たちにとっても、エスペラント語とその運動についての4つの設問には、具体的にお
  答えできる準備がさしあたってできておりません。今後ともみなさん方エスペラントの運
  動に関心を払いつつ、研究をしていきたいと考えます。とりあえずのご返事として、お手
  紙をさしあげました。みなさん方のご健闘を期待します。

                                             1990年6月5日
                                        日本共産党中央委員会
                                        (1990−06−07受付)

4 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 11:11:02 ID:???
>>3 の続き)

そして次は(当時の)日本社会党の回答です。
(余談ですが、明らかに打ち間違いと思われる部分は修正してあります)

  池端議員から、1990年5月15日付けで日本エスペラント学会からアンケートがあった
  由をうけたまわり、回答がなかった理由等についての問い合わせがございました。

  私は、社会党の政策審議会で教育・文化政策を担当しておりますので、このようなアン
  ケートがあれば、当然私の手元に届くはずですが、残念ながら、このアンケートは初め
  てお目にかかります。どのような行き違いがあったものか不明ですが、遅ればせながら
  アンケートにお答えすることでお許しを賜りたいと存じます。

  【問1.エスペラントを学校教育で教えることについて】

  (1)私たちは、高校までの段階における外語は、コミュニケーションの手段として、また
  異文化理解の媒介として学ばれるものと考えます。この点で、中学・高校段階におけ
  る必修の選択科目として取り上げるには、エスペラントは未成熟であると考えます。た
  だし私たちは、高校段階においては生徒が様々な可能性に挑戦する機会も設けるべ
  きだと考えております。その点で、任意の選択科目としてエスペラントを学ぶ機会があ
  っても良いとは思いますが、学校教育に何を取り上げるかは政党が云々すべきもので
  はありません。教育関係者の検討を待ちたいと思います。

  (2)大学入試については、本来高校までの学習の到達度をみるものである「入試セン
  ター試験」にエスペラントを取り上げるのは、前記理由で未成熟と考えます。各大学で
  行われる入試については、各大学の自主的判断を待つべきものです。

  【問2.国連・ユネスコなどでのエスペラントの使用について】

  国連機関における公用語の採用については、コミュニケーションの手段として国際的
  な広がり等が判断されていると考えます。エスペラントの使用については、国際機関
  が、その必要性を考慮して決めるものと考えます。

5 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 11:13:31 ID:???
>>4 の続き)

  【問3.将来エスペラントを世界唯一の公用語にすることについて】

  将来の国際共通語の必要性については否定できないと思います。しかし、言語は文化
  的背景を無視しては成り立ちません。エスペラントが、国際共通語になりうるか否かは、
  世界の諸民族の文化にエスペラントが溶け込めるかどうかにかかっているものと考え
  ます。

  【問4.社会党が国際交流に英語とともにエスペラントを使うか】

  党の国際交流は、英語に限らず日本語と交流の相手国の言語を使用しています。国
  際交流は相互の立場を尊重するところから始まるものだからです。この点で、当面、
  党の方針としてエスペラントを使用するということにはならないと考えます。

6 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 11:14:22 ID:???
>>5 の続き)

  *なお、1971年の東京青年エスペラント連合のアンケートに対する社会党の回答の
  中に「私たちが義務教育の課程にエスペラント語を採用することを提案して5年になり
  ますが、未だ実現していないことは非常に残念であります」との記述がありますが、こ
  れは当時の担当者の錯誤によるものです。東京青年エスペラント連合のアンケートで
  も指摘されているように、義務教育へのエスペラント採用の提案は1966年11月の「学
  制改革の基本的構想第一次案」(俗称「中山私案」)にありました。しかしこの私案は、
  社会党大会に提出されたものの採決されるには至りませんでした。従って、党としてエ
  スペラントの義務教育への採用を決めたことはありません。私たちは、将来的な国際共
  通語の必要について否定するものではありませんが、言語の問題は文化の問題であり、
  民族的な歴史の問題ですので、政党や政治が軽々に是非を論ずべきものではないと
  考えます。また、よほど万人の理解を得ているものでない限り、政党が学校教育で取り
  上げるべきだと主張すべきではないと考えます。かつてのアンケートの回答で、皆様に
  過大な期待を抱かせてしまったことを重々お詫びし、改めてご理解を賜りたいと存じま
  す。

                                            1991年6月29日
                                        日本社会党政策審議会

  (RO誌1991年10月号26〜27ページ)

(終わり)

7 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 18:38:15 ID:???
【英語帝国主義批判をやめた中島義道氏】

中島義道氏といえば日本有数のカント研究者であり、また一般人むけの哲学の本を多数
出しておられる方なんですが、この人は1993年に出た津田幸男(編)『英語支配への異
論』という本にも「英語コンプレックスを探る」という論文を寄稿しておられるんですね。

ということで、中島氏は「英語帝国主義」に対する違和感というものを持っておられたので
すが、しかし2004年に出た『英語コンプレックス脱出』という本のなかでは一転して

  カリフォルニアからの学生も、中国からの学生も、インドネシアからの学生も、英語で不
  思議なほど心が通い合うのだとすれば、そしていまのところ英語に代わる言語がない
  のだとすれば、たとえそれがアジア・アフリカ植民地支配の道具であったとしてもいいで
  はないか、という思いに傾いていく。

  (同書210〜211ページ)

と書いておられるんですね。

これは注目に値することだと私は思ったんですが、中島氏の変心の理由はどうやら

(1) 2001年から中島氏の勤める電気通信大学で、留学生に英語で日本文化を教える
    という授業をやってるそうなんですが、それがきわめて感触が良いのだそうです。

(2) それから、年をとってきたせいか、英語を話していて間違えても、あんまり気にならな
    くなったそうです。

(3) それから日本社会を見てみると、昔のような欧米崇拝も無くなっている。
    現在、多くの日本人が英語を学んでいるけれども、それはあくまでも「必要」だから学
    んでいるだけだという「健全な動機」にもとづいている。
    昔のように「アメリカ人みたいになりたい」といった動機は希薄になっている。

といった事らしいです。

8 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 18:39:27 ID:???
>>7 の続き)

  こうして、かつての(「英語コンプレックスを探る」を書いたころの)私には想像もつかな
  かったことであるが、英語に対する熱心な勉学意欲が、英語コンプレックスを伴わない
  場合がありうることを、現代日本の英語熱現象は示してくれる。

  もちろん、コンプレックスを抱かないからといって、この地上で英語を母語とする人々が
  「得」をし、そうでない人が「損」をするという基本構図は変わらない。だが、意識におけ
  る上下関係が薄れていけば、そこに諸言語間の(なるべく)平等な関係を築くことはそ
  んなに難しいことではない。これはあらゆる差別問題に共通である。アメリカ人やイギリ
  ス人のほうが日本人より「高級民族」だと思っている、ないし感じているあいだは、英語
  と日本語との対等関係を実現するのは難しい。だが、そう思わなくなったとき、そう感じ
  なくなったとき、不平等関係を是正することは制度だけの問題となる。現にすべての言
  語を国連用語にすることはできない。ではどうするべきか、という「明るい問題」として扱
  われうるのである。

  「英語帝国主義」の解消に関しては ― 少なくとも現代のわが国は ― もうここまで達し
  ているように思われる。

  (同書109ページ)

このように書いておられるのですが、しかし中島氏の話というのは、どうも甘すぎるように思
えてならないんですよね。

中島氏の場合は「教師」という立場ですから、学生が文句を言うことはあまり無いでしょうが、
しかし、こういう自分の体験だけで社会問題を斬ってしまって良いとは思えません。

どうしてEUがあれだけ多数の言語を公用語にしているのか、まったく判ってないんじゃない
かとしか思えません。

しかしこれが、東大の大学院を出て大学教授になられた中島氏の意見なんですね。

9 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 18:42:05 ID:???
>>8 の続き)

また、この中島氏の意見に賛意を示す人も、世間には少なくないのでしょう。
(Amazon のカスタマーレビューを見ても、中島氏に好意的なものが載っています)

エスペラント界には「よく説明すれば、頭の良い人ならばきっと理解してくれる」などと信じて
疑わない人が少なくないみたいなんですが、こういう意見を見たことがないのでしょうか。

(終わり)

10 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 20:21:34 ID:???
>>7-9 に追加して言いたいことがあります。
それは

  すでに、日本国内において、英語を使わなければならない場所・機会が増加しつつある。

ということです。

中島氏の場合は「大学」でした。
世界各地からの留学生が増えると、どうしても英語を使う機会が増えるわけです。
ですからこれからは、必要最小限の英語がどうにかこうにか話せる若い日本人が増える可
能性があるわけです。

このほかにも、「職場」に外国人がいて、多少は日本語も話すんだけど、やっぱり英語も必
要だということも増えてるわけですね。

ということで、日本国内にいても英語は実際に「必要」になるし、また多少なりとも使えれば
実際に「役に立つ」のですから、スローガンだけのエスペラントではとうてい太刀打ちでき
ないわけです。
---

そもそも世間の人たちからは、エスペラントは「無くなった」と思われてることが多いわけで
す。

大きな図書館や書店に行っても、エスペラントの本はごく僅かで、下手をすると古代エジプト
語やハワイ語の教科書よりも種類が少なかったりするんですね。

もちろん日本エスペラント学会、関西エスペラント連盟、名古屋エスペラントセンターでは多
数のエスペラント書籍を販売しているわけですが、これは要するに、エスペラント運動という
のが「同人」的な活動であって、ごく少数(日本だと数千人)の関係者以外はまったく知らな
いということなんですね。

そんなの世間の人たちが知ってるわけがありませんし、また、たとえ知ったとしても、英語な
んかとは比べものにならないわけですから「あぁ、そうですか」で終わってしまうわけです。

11 :松戸彩苑 ★ :08/11/23 20:22:05 ID:???
>>10 の続き)

むしろ「オタク文化」のほうが、よっぽど社会的な影響が大きいわけです。

2004年に野村総合研究所が発表した推計によりますと、日本国内のオタクの人は280万
人もいるそうです。

内訳は、アニメ20万人、アイドル80万人、マンガ100万人、ゲーム80万人だそうです。

これに加えて、外国にも熱心なファンがいるわけですから、これは立派な「社会現象」であ
ると社会全体のなかで認められていて、マスコミも取り上げますし、研究もされているわけ
です。
(もちろん批判的なものも少なくないわけですが、いずれにしても「社会現象」としては認め
られているわけです)

こういうのを見ても、やはり「人数」がすべてであって、「理論」や「思想」というのはまったく
無力だということを痛感せざるを得ません。

一方のエスペラントは、人数も少ないし、さらには「特殊な思想・信条のための運動」だと思
われているせいか、マスコミにほとんど取り上げられません。

マスコミというのは「国際交流」とか「市民運動」といったものが大好きなはずなんですが、
それにも関わらずエスペラント運動が取り上げられることは、ひじょうに少ないのです。

これはどう考えても「特殊な思想・信条のための運動」だと思われているか、あるいは「もう
消滅寸前で、再興させる価値も無い」と思われているかのどちらかなんでしょう。

こういったことを考えますと、現在のような運動をしていたのでは衰退するのみだと思われ
るのです。

(終わり)

12 :だにょ :09/01/18 19:47:37 ID:+TnbpCcF
世間の人たちのエスペラントや英語に対する考え方

▼エスペラントについて
・エスペラント自体を知らない。認知度が低い。本屋に参考書が置いてない
・難しそう。学校での英語教育のトラウマがあるのでエスペラントでまた苦労したくない。
・英語やスペイン語や中国語をやるほうが徳。エスペラントで交流できる範囲が狭いから。
・エスペラントをやっている人達に魅力がないのでやる気しない。「異端の言語」211ページ参照

▼英語について
・外国語で一番最初に思い浮かぶ言語が英語。知名度最強。本屋の語学書の棚の半分は英語。
・中学や高校、大学で散々やったが辛いだけだった。トラウマ。できればやりたくない。
・英語が話せたらカッコイイと思う。読めたらインターネットで世界中の情報を取得できて徳
・どこの国でもつかえる汎用語だと思っている。外国の駅の表示も英語表記が多い。
・貿易や工業規格など商業や工業上、重要な場面で使われる大切な言語
・六本木のアメリカ人は、当然のように英語で話し掛けてくる。英語で答えないといけない雰囲気

▼まとめ(もっとマトモな表を作りましょう^^)
   知名度 ご利益 習得容易 トラウマ 楽しい仲間
英語 〇   〇   ×    ×    〇
エス ×   ×   〇    〇    ×(人数が少ないのでジャンル不成立)

13 :松戸彩苑 ★ :09/03/20 11:26:13 ID:???
大した話じゃないんですが、私が最近読んで呆れたという話をひとつ。

書店でたまたま、大前研一(著)『知的武装金言集 Part.II』という本を手にとってみました。

表紙には「知的武装の3種の神器を手に入れろ!」なんて書いてあったんで、「知的武装
の3種の神器って何なのかな?」と思ったんですが、なかを読んでみると案の定「英語」が
入っていました。
(あとの2つは、IT機器に関する知識と、財務に関する知識だったと思います)

まぁそれは世間においてはごくごく普通の考え方だと思いますので、それは別に不思議じ
ゃなかったんですが、この本を開いてみたところ、こんなことが書いてあったんですね。

  日本人は「説明してください」というのを Explain to me. などと言うが、これはぶっきら棒
  な表現である。
  たとえ Please をつけたとしてもダメである。
  こういう場合には help me understand と言わないとダメだ。

だいたいこんな事だったと思うんですが、私はこれを読んで「へぇ、そうだったのか」と思っ
たんですね。

ここまでは良かったんですが、この文章の少し後のところに今度は

  世界の共通語はブロークン・イングリッシュだ。

なんて書いてありまして、「ブロークン・イングリッシュを積極的に使え」みたいなことを言っ
てるわけです。
それで私は呆れてしまいました。

「Explain to me. だってブロークン・イングリッシュじゃないか」
「Explain to me. を批判したのに、ブロークン・イングリッシュを積極的に使えなどと言うのは
矛盾している」

と思ったわけです。

14 :松戸彩苑 ★ :09/03/20 11:26:46 ID:???
>>13 の続き)

なんでこういうチグハグなことが書いてあるかというと、この本は、過去に雑誌に発表した
文章を集めて編纂されたものだったからなんですね。

つまり「Explain to me.」の文章と「世界の共通語はブロークン・イングリッシュだ」という文章
は、まったく違う時期に発表されたものだったわけです。

ですから、雑誌に発表されたときにはおかしく感じられなかったんでしょうが、この本を編纂
したときにすぐ隣りに来てしまったために支離滅裂な印象を与えることになったわけですね。

しかし、たとえ『知的武装金言集 Part.II』を読んでもこういうことに気がつかないという人が、
世間には沢山いるんだろうと思います。

結局「英語は世界共通語」という世間一般に広く認められた社会通念がありますから、こう
いうツジツマの合わないことを言ったって、まったく問題とされないんですね。

つまり「理屈」よりも「話者の数」が大事だということです。
また「世間の人たちの理性は当てにならない」ということでもあります。

そういうことは私もよく判っていますから「とにかくエスペラントの話者の数を増やすべきだ」
と主張しているわけです。

(終わり)

15 :魚楠 ◆UOXJ7Oxg.I :09/03/20 23:32:06 ID:VdNVEZ7e
>難しそう。学校での英語教育のトラウマがあるのでエスペラントでまた苦労したくない。
>中学や高校、大学で散々やったが辛いだけだった。トラウマ。できればやりたくない。

これを読んでふと気になった。
エスペラントをやる人ってどんな人?

英語が得意な人はわざわざエスペラントをやろうとはしないだろう。
英語が苦手な人はひょっとしたら語学そのものに興味を示さないのでは?
今思い付くのは三通り:

1. 語学好きの好事家
2. 英語からエスペラントに逃げてきた人
3. 語学は実はどうでもよくて政治や思想について何かをしたい活動家

1. は私のような人。エスペラントもそれなりにできるようになるだろうけど飽くまで趣味の語学の一つに留まりエスペラントだけに特別肩入れはしない。
2. の人は語学は得意ではないだろうからエスペラントでも伸び悩み、従って話者数の増加や普及にはあまり貢献しなさそう。
3. の人は熱意はある一方で排他的、攻撃的に振る舞う恐れもあるので一長一短。

普及に最も効果的なのはエスペラントで教典を書いて本当に宗教を興してしまうことかも知れない(笑)

16 :だにょ :09/04/26 21:15:19 ID:0HWUQdzq
http://zoome.jp/pouchi/diary/53

↑この中に私のコメントがついているのです(笑)。
そして、その直後にコメントされたメッセージは、
>I think the most obvious choice for universal language would be English.
だそうです(笑)。

ダメダメ。英語は無理がありますって。聞き取れないもの。
秋葉で外国人に話しかけられ、コンピュータについて説明したことがあるんですが、
相手は「セーブ」(保存)と単語一つを言っているだけなのに
「セーフ」としか聞き取れず、セキュリティ上の問題が発生したのかと思い、
何分も同じやりとりをやってしまったことがあります。
こんなこと日常茶飯事。まれに外人から電話がかかることもあるのですが、
中学のときだったか、すっげー苦労した。たった一つの単純なことを伝えるのに、
とにかく聞き取れない。コミケの国際部だって同じ問題があるそうだし。
とにかく英語は無理。ヨーロッパまで普及するのが限界ですって。

17 :だにょ :09/04/26 21:20:20 ID:0HWUQdzq
URLを間違えてしまった。
http://thatsrightnate.com/2009/03/25/obama-makes-big-push-for-one-world-language/
が正しいです。ハンドルは、あることを根に持って妙な名前を付けてしまった〜。

なんか、私がエスペラント運動の発展を阻害しているようですね。
ちょっと反論されると、カッとなるところがあるんで、気をつけなくちゃ。
何言っているか意味不明ですが・・・(^^;


18 :だにょ :09/04/26 21:59:43 ID:0HWUQdzq
いえ、私がいけなかったんです。普通に言えばいいところを・・・。

ごめんなさい>某さん

19 :だにょ :09/10/23 21:58:03 ID:JQUKuIRl
そもそもエスペラントなんて、ほとんど知られていない。
知っていても、死滅した言語だと思われている。


20 :だにょ :09/10/23 22:12:07 ID:JQUKuIRl
世間の色眼鏡:

「エスペランチストって左翼なんでしょ?みーんな。」

  (『さよなら絶望先生』3期11話参照。)

21 :松戸彩苑 ★ :09/10/27 22:30:35 ID:???
日本のそこそこ実力のあるエスペランティストの情報を集めた『日本のエスペランティスト
名鑑1996』という本があるんですが(エスペラントの世界でしか流通しない自費出版の本
だったんですが)、この本のなかに次のような文章が載ってました。

  おもしろいから、なんとなくEをやっています。熱意のある E-isto の前に出ると、なんだ
  か責められているような気がしてなりません。こんな人間にも居心地のよいE界であって
  欲しいと願っています。E-isto という言葉、あまり好きになれません。-isto というとどうし
  ても -ismo を思い浮かべます。-ismo というとまず党派的なものが頭に浮かびます。
  samideano というのも嫌いです。sama ideo を持った人間ばかりが集まっているのは(た
  とえどんなにすばらしい ideo であっても)、小生にとっては少々不気味です。ニーチェや
  D.H.ロレンスや村上龍までも受容できる世界であって欲しい。魔女狩りや思想統制のな
  い世界であって欲しい。
  (同書34ページ)

ということで、なんとも弱気な文章なんですが、これを書いたのは(執筆当時)香川エスペラ
ント会会長と四国エスペラント連盟事務局長をやっておられた方なんですね。

こんな大ベテランでさえも「おもしろいから、なんとなくEをやってい」るというだけで居心地の
わるさを感じているというのは、考えてみればスゴイ話ですよね。

こんな状態では「エスペラントって何となく面白そう」なんてことを思ってエスペラントを始めた
新人さんたちが長続きするわけがありません。

こういうベテランの人がこんなことを書いてるというのは、どう考えても正常だとは言えません
ので、こういう状況を変えていかないといけませんよね。

私も、そういうことを訴える文章を書きあげようと頑張ってるんですが、いつになったら完成す
るのか定かではありません。

22 :だにょ :09/10/27 22:34:51 ID:QcBzZdzQ
>私も、そういうことを訴える文章を書きあげようと頑張ってるんですが、

無理なさらないでください。
松戸さんの言うことならきっと聞いてくれると思います。
応援しています。

23 :隣の隠居 :10/10/18 19:28:40 ID:BxXi76Cn
お久しぶりです。

>>13->14
大前さんに一貫した見識を求めるのもどうかと思いますが・・・

>>21
この四国の方と全く同感です。
松戸さんの掲示板ややぱーのさんの掲示板に出入りしているような方ばかりなら、エスペラントも続けやすいのでしょうが、実際は特定の政治思想がないと居づらい世界なので、人も来ないし、長続きしないんですよね。
この自費出版の本って、今でも簡単に手に入るんでしょうか?

24 :松戸彩苑 ★ :10/10/18 22:16:32 ID:???
>>23
お久しぶりです。

『日本のエスペランティスト名鑑1996』ですが、JEIとKLEGのサイトにある販売図書カタロ
グで検索をかけてみましたが、無いですね。

小林司・萩原洋子氏が編纂したもので、B5判で110ページ、180人ほどの情報が載って
いて1700円という本だったんですが、萩原洋子氏に問い合わせてみるしか方法が無さそ
うです。

25 :隣の隠居 :10/10/18 22:56:58 ID:BxXi76Cn
そうですか・・・
入手は難しそうですね。
調べていただいて、ありがとうございました。

ベテランの方でも居心地が悪いと思っている方もおられることが分かっただけでも、収穫かもしれません。

26 :松戸彩苑 ★ :10/10/18 23:31:54 ID:???
>>23
大前研一氏ですが、この人は理系出身(もともとは原子力発電所を設計するエンジニア)の
せいなのか、国際問題を論じる際に「民族性のちがい」というものを考慮に入れないように
思えるんですね。

ですから、この人の議論は、部分的には参考になる事もあるんですが、全体としては当た
らないって感じがしますね。

27 :隣の隠居 :10/10/19 22:11:29 ID:0U5i95yy
エンジニアやビジネスマンとしては成功した人ですから、そういう面では傾聴に値することを言ってる可能性はありますが、あの人は何でも口を出しますから。
私は、基本的には、何でも評論してしまう評論家は、あまり信頼しないことにしています。
(お前もそうだろ!と言われれば、それはそうなのですがw)

27 KB [ 2ちゃんねるが使っている 完全帯域保証 レンタルサーバー ]

新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :